遠絡療法とは、正式名は「遠道相応穴位経絡療法」といい、台湾人で日本の医師 柯 尚志(コウ ショウシ)先生により開発された遠絡Ko医学の治療理論に基づく治療法です。遠絡療法の考え方や特徴について詳しくご紹介します。

  1. トップ
  2. 遠絡療法とは

遠絡療法(Collateral Meridian Therapy=CMT)とは

遠絡療法は台湾人で日本の医師 柯 尚志(コウ ショウシ/Shan Chi Ko )先生により開発された遠絡Ko医学の治療理論に基づく治療法です。

遠絡療法の正式名は「遠道相応穴位経絡療法」と上海の劉教授から名付けられました。患部の経絡から遠く離れた別の経絡のポイント使う治療法という意味の新しい痛み治療として日本で生まれた治療法です。Collateral(コラテラル)は「傍系の」という意味。Meridianは経絡という意味です。

※経絡とは東洋医学でいう「気」と「血」の通り道のことです。

2016年1月24日、遠絡療法の創始者 柯 尚志 先生が逝去しました。その後、先生から指導治療医、指導治療師(CS)に認定されていた先生方が中心になり、現在「日本遠絡統合医学会」として活動しております。遠絡療法も名称を「遠絡統合療法」としておりますがこのサイトでは今まで通り遠絡療法とさせていただきます。

遠絡療法とは

遠絡療法の考え方
~生体の流れを「川の流れ」にたとえて~

からだの中は血液やリンパ、髄液など目に見えるものの他、東洋医学でいわれる「気」エネルギーなど様々なものが循環しています。
遠絡療法ではそれらを総称して生体の流れ(ライフフロー)と呼んでいます。
遠絡療法の考え方は疼痛や病状が発症するのはこの生体の流れ(ライフフロー)が滞ってしまったため、丁度川の流れが土砂災害などで堰き止められて水が流れにくくなってしまったのと同じような状態が原因で引き起こされるというものです。
従ってこれを治療するには、その障害物をまず取り除かなければならないのですが、従来の医療は、堰き止められて洪水になりそうな水を近くに溜池を作ってバイパス移動させたり、時にはダムのような巨大な排水施設を建設したりというような大掛かりな医療検査施設や医療機器の開発をもって治療の促進を図ってきました。
しかし、遠絡療法は生体の流れそのものを取り戻すことで、根本的な治療を図ろうとするものです。
 (柯尚志著「痛みとしびれの処方箋」幻冬舎ルネッサン刊)より抜粋

生体の流れそのものを取り戻す

遠絡療法6つの基本療法

  1. 直接障害物を取り出す(連接法)
  2. 次に取り切れない大きな石などを破壊する(相克の法)
  3. 川幅を拡張する(相輔の法)
  4. 再び崩れないように護岸を補強する(補強の法)
  5. そして水量を増やして流れを豊かにする(相生の法)
  6. 最後に水の流れを速くする(牽引瀉法)

遠絡療法は生体の流れそのものを取り戻すために、1.連接法 2.相克の法 3.相輔の法 4.補強の法 5.相生の法 6.牽引瀉法 という6つの方法を基本として、生体の流れを元のように、あるいはそれ以上に豊かに速く流れるようにする治療法です。

「病因」治療

病気はまず一つの病因があり、そこから多数の「症状」が発生します。
現代医学ではその症状を精密に検査して「病名」を付け、その病名で治療しようとします。患者さんが多くの症状を訴えれば、その症状にまた病名を付けてその病名に対して治療しようとするのですから、いつまでたっても根本的に良くなりません。
そうなると検査の結果、「症状はあっても異常はない」と言われることになります。
つまり症状の現れたところをいくら治療しても効果はあがらないのです。

病気は「病因」で治療しなければなりません。
「症状」の発生部位を直接的に治療して症状の改善を図ろうとするのは、現代医学が臓腑そのものを対象に専門化して発展してきたため、生命全体を通して病気を診るという観点に欠けているからなのです。

遠絡療法の特徴

1.ライフフローの概念

私たちの体内には血液、リンパ液、髄液など目に見えるものと気エネルギーなど目に見えないものも含めて様々なものが流れています。遠絡療法ではその生体還流を「ライフフロー」と名付け、この流れが滞ることで様々な症状が現れると考えています。
このライフフローの通り道を「ライン」と呼び、経絡と同じように全身を隈なく巡っています。
鍼灸など東洋医学との大きな違いは疾患のあるライン(本経)を治療に使わず、相応、相対するライン、表裏のラインを使うことです。ライン上にある経穴をポイントと呼びます。
治療部位に相応するポイント(Fポイント)と本経を繋ぐポイント(Cポイント)の2点を同時に押すことで痛みのある部位を触らずに施術することが出来るのです。
※ライン、ポイントについては「遠絡療法の基本知識」を参照

2.バイパスを作る治療

生体ラインは首を通って左右の手足に伸びる12対と身体の前後を通る2本の、計26本あります。
ラインは痛みが発症する患部を通る疼痛ラインと患部に関連しているラインの2種類に分かれ、その治療目的によって治療ラインが決定されます。
そのラインやポイントを記号化することで、思考の簡素化になるだけでなく、治療法が複数の式として表現できます。
処方式を処方箋として他の治療者に伝えることができます。連携院では遠絡療法の治療を再現することが可能になるのです。
そのほかラインの左右の選択や絡穴(Cポイント)の使い方の意義など新しい発見があります。

3.中枢性と局所性

症状は中枢性か局所性に分類されます。
痛みの部位が点の症状で、動くことがなく、赤く腫れて熱を持つなど炎症症状があれば局所性です。
それ以外はすべて中枢性になります。
慢性的な疾患はほとんどが中枢性です。
中枢性という事は病因が痛む部位ではなく、別のところにあるという事です。

4.五行から六行へ

遠絡療法の大きな特色の一つが東洋医学でいう君火と相火の総合関係を明らかにしたことです。
それによって今まで五行では説明できなかった問題を解決しました。
母子関係から親子関係へシフトしました。
例えば木火土金水の五行では木は水から生まれると言われていますが、六行論では木は土と水から生まれます。(相生相輔の関係)
治療上では木(胆経)の疾患は土(胃経)と水(膀胱経)を操作することで施術していきます。

5.中枢(脳と脊髄)の治療

遠絡療法ではアトラス(第1頸椎)の障害による間脳(視床や視床下部など)の疾患や脳幹から出る脳神経の疾患、脊髄を介して起こる今まで原因不明と言われていた難治性疾患にも取り組んでおります。
脊髄の神経線維のライフフローが滞ると様々な症状が出現します。
どのレベルだとどこに現れるかを明確に解明しています。

DOCUMENTS