痛み・しびれ・重みでお困りの方へ
遠絡療法ブログ
  • HOME »
  • 遠絡療法ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2016年10月

月別アーカイブ: 2016年10月

前腕から指先までのしびれ

半年ぐらい前から左手の小指側にしびれがあるという60才男性が来院しています。10年前には右手に同じような症状があったというが、現在は右の症状は軽くなっている。料理人の仕事で鍋を落としてから仕事をリタイアして治療に専念する …

大腿部外側のしびれ

1ケ月以上、右大退部の外側にしびれがあるという60代の主婦が来院しました。特に今まで病気はなく、肩こりぐらいしか経験がないと言います。どこへ行っても治らないし、思い当たる原因がないという。遠絡療法では中枢性(神経線維の完 …

生体の流れ(ライフフロー)

遠絡療法は生体の流れを正常にするのが目的です。生体の流れといっても血液やリンパなど目に見えて分かり易いものと経絡(気)のように見えないものがあります。この経絡ラインがどの方向へ流れているのかを把握することが大切です。 十 …

国際記号

遠絡療法では経絡のラインやポイントを国際記号で統一しています。習っている医師たちも台湾、シンガポールなど日本だけではありません。どの国の先生も処方を見れば同じ治療ができるようになっています。例えば右側の足の太陽膀胱経の腰 …

十四経

「沢田流聞書 鍼灸真髄」という書籍の中で、東洋医学と西洋医学という見出しのページがあります。東洋医学の基礎は十四経というもので、人間の体について総てがよく分かっている聖人が作ったというくだりがあります。古の聖人が天体を見 …

アトピー性皮膚炎

ほとんどの患者さんは人づてにご紹介で来院します。遠絡療法は難治性疾患を治せるという評判から聞いたこともないような病名の方までいらっしゃいますが、その中でもアトピー性皮膚炎の患者さんは多いようです。そして治っていく過程も目 …

かかと痛

かかとの痛みを訴える方は意外に多いのです。一人の症例から遠絡療法の考え方を解いてみます。患者さんは若い小学校の教師です。3か月前から朝起きたときに左のかかとが痛む。しばらくすると痛みがなくなるのだが、また時々急に痛くなる …

誰がやっても結果は同じ?

現代医学において診断の精度は3パーセント以下だと言われています。なぜなら医学に数学や物理学がないからだそうです。 遠絡医学の柯(こう)尚志 先生は中国の古典「易経」を数学化しました。言葉で書かれたものを数学化して遠絡医学 …

遠絡療法ブログ 目次

年英堂治療院

院長の治療室 痛み・重み・しびれに遠絡療法 年英堂治療院 院長の治療室

◆お問い合わせ
電話 055-968-3155

◆住所
静岡県沼津市原
PAGETOP
Copyright © 遠絡療法ブログ 年英堂治療院 沼津 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.